電話アプリ

どれだけ普及している?人気の電話アプリを調査!

2016/09/12

無料で通話ができる電話アプリ、日本や世界でどれほど普及しているのでしょうか。

日本で人気の電話アプリとは

日本では「LINE」(ライン)が非常に人気です。
国内利用者数は5,800万人以上で、人口の45.7%をカバーしているので、ラインを使用するならば日本のほとんどの人と電話が可能であると考えてよいでしょう。
またLINEは、世界で2億人以上のユーザーが利用していることからも人気高さがうかがえます。


世界で人気の電話アプリとは

他の国にはさらに人気のアプリがあります。
それが「WhatsApp」という通話アプリで10億人のユーザーが利用しています。
世界人口が約72億人いますから、7人に一人ぐらいの確率で「WhatsApp」利用者がいるわけですから、爆発的なシェア率であることが分かります。
しかし、スマホが世界に広まる以前から、インターネット回線を使用した電話は人気がありました。
特に有名なのが「Skype」で、世界中どこでも映像も併せて無料で通話できるサービスです。
今では、ほとんどのアプリでビデオ通話ができるようになり、当たり前の機能になっていきました。


スマホを持つ人ならすでにもっている

スマホにも最初から通話アプリが入っているのをご存知でしょうか。
アップルのスマホiPhoneには、アップル製品同士なら無料で通話できる「FaceTime」というアプリが入っています。
また、アンドロイドスマホには「ハングアウト」という通話アプリがあります。
ハングアウトはグーグルのアカウントを持っているならばつながることができます。
また、iPhoneを持っている人もハングアウトアプリをインストールすると、アンドロイドスマホとiPhoneでつながることができます。
つまり、スマホを持っているユーザーはすでに電話アプリが使える状態になっているというわけです。
ここまで普及し、無料で通話できるわけですから使わない手はないでしょう。

-電話アプリ